サイトメニュー

定期的に起こるうつ病

医者

うつ病を繰り返すのなら反復性を疑おう

原因不明の落ち込みや倦怠感など、さまざまな不調が起こってしまい、うつ病かもしれないと感じたことが過去にある方もいるでしょう。しかし、しばらく我慢していると回復するため、うつ病ではないと安心しているかもしれません。ところが、うつ病の中には一度治ったように見えても、再び定期的に症状が起こるタイプのものもあるので気をつけましょう。その病気は反復性うつ病と呼ばれていて、心療内科や精神科のドクターに診てもらえば、すぐに判断してもらうことができます。もしも、何度も軽くなったり重くなったりを繰り返していて、これからも落ち込みや倦怠感が起こる予感がするのなら、専門家に診てもらって苦労している原因を探ってもらいましょう。反復性うつ病が原因ならば、それに合わせた治療を行ってくれるので、定期的に起こる不調からきっと解放されるでしょう。なお、症状がひどくなったときにドクターに診てもらう場合は、時間が経てば軽くなることもきちんと伝える必要があります。そうしなければ、普通のうつ病だと診断されて、それの治療しかしてもらえない可能性があるからです。普通のうつ病の治療を行ったのでは、一時的に軽くなっても、またいつものように重くなってしまうかもしれません。きちんと長期的な症状を伝えれば、反復性うつ病だと分かってもらえるので繰り返さないための治療もバッチリとしてもらえるでしょう。ちなみに、反復性うつ病ではなく、別の病気であると診断されるかもしれませんが、そのときも適切な治療が行われるので心配する必要はありません。

うつ病は聞いたことがあっても、反復性のほうはまったく聞いたことがないため、どこで診てもらうべきなのか迷うかもしれません。しかし、反復性のほうも、うつ病の一種なので難しく考える必要はまったくないでしょう。つまり、専門外来が用意されているような特別なクリニックではなくて、普通の心療内科や精神科を訪れれば、反復性うつ病を診てもらえます。うつ病に対応していないメンタル系のクリニックや病院は、ほとんどないでしょうから安心して訪れるようにしましょう。ただ、うつ病には不安感という症状もあるので、確実性がなければ通院したくない方もいるはずです。そのときは、診てもらうことにした医療施設に電話をかけて、反復性うつ病に対応しているか聞けばよいです。そのようなことで電話をするのは気が引けると考えるかもしれませんが、予約のついでに聞いたと思えばよいでしょう。なお、病気になった原因に心当たりがあるかどうか、通院前に考えておくことをおすすめします。原因になったことの話を聞いてもらうだけでも心が楽になる可能性があるので、伝えられるように準備をしておきましょう。初診のときはたっぷりと時間を取って話を聞いてくれるため、今後のためにもすべてを話せるようにしておくべきです。そして、一度診察を受ければ治療方針が決まるので、通院頻度などをこれからのことをきちんと教えてもらえます。診察が終わったら次回の予約を取って帰ることになるため、事前にスケジュールを確認しておいて、次にクリニックを訪れられる日時を考えておきましょう。

Copyright© 2020 再発しても適切な対応をすることで完治させることが可能 All Rights Reserved.